国別情報

インドネシア共和国 Republic of Indonesia

ジャカルタまでの所要日数
船便
約60日
航空便
約45日(全量課税通関の場合は約14日)
引越し荷物の課税について
  • 滞在許可書(KITAS)、労働許可書(IMTA)の取得が条件で、船便、航空便ともに1回まで免税通関出来ます。
  • ゴルフバッグやぜいたく品、新品のものなどには非常に高額な関税が課せられます。
通関必要書類
  • パスポート原本
  • 滞在許可書(STAY PERMIT/ KITAS)(取得後3ヶ月以内、有効期限1年以上必要)
  • 労働許可書(WORKING PERMIT/IMTA)(取得後3ヶ月以内、有効期限1年以上必要)
  • 輸入通関委任状(SURAT KUASA)(インドネシア所属会社にて作成)
  • 航空便の通関には、上記書類と搭乗券(航空券)半券が必要です。
一般家庭の電圧と周波数
電圧
220V
周波数
50HZ
電源プラグ
B,C
その他の注意事項
  • KITAS, IMTAの取得には、ご本人の入国後2週間~4週間ほど掛かります。
  • 航空便に限りKITAS, IMTA取得前通関が可能になります(全量課税通関)。
  • インドネシアは通関条件が頻繁に変わります(都度ご相談ください)。
  • 免税通関の条件は、KITAS, IMTAの有効期限が12ヶ月以上であること、KITAS, IMTAの取得日から3ヶ月以内に通関すること、船便もしくは航空便の一便目であることが条件となります
インドネシア特有の
持ち込み禁止品
コードレス電話、中国語の出版物、処方薬、たばこ 、航空便の場合、コンタクト用品(レンズ含む)保険省への申請が必要となります。
特記事項
  • 新しいゴルフバックは非常に高額な課税(贅沢品税)をされるので、手持ちか船便をお勧めします。
  • お酒は、高額課税か没収されます(1本1Lのみ可能、ただし1万円ほどの課税)。
  • 市販薬は、内容が確実にわかれば発送可能ですが、手荷物か船便をお勧めします。
  • 船便二便目の発送は、KITAS取得後3ヶ月以内であれば、課税通関で可能です。
  • 航空便二便目の発送は、原則として認められません。
  • 全量課税の目安は、15000円/10kgsとかなり高額です(荷物の内容によっては、より高額な関税が課せられます)。

国別情報一覧へ戻る

海外人事のQ&A プレゼント